記事一覧

ジョージ・ハリスンに古着のTシャツ&デニムパンツの理想的な着こなしを見た

 


ジョージ・ハリスン(George Harrison)さんいるじゃないですか、ビートルズ(The Beatles)の。2001年に亡くなられたそうです。彼の画像をTumblrで偶然見つけたんですよ。その画像がTシャツ&デニムのシンプルな着こなしなんですけど、私にとって理想的な着こなしだったんです。なのでシェアしようと。

http://get-dressed-get-blessed.tumblr.com/post/77344321006

発見したのは↑このリンク先の画像ですね。画像を引っ張ってくるのはアレな可能性があるので自重。

このロン毛(長髪)の感じからすると、60's後半から70's前半のいわゆる“ヒッピー・ムーブメント”(Hippi)の頃だと想像します。Tシャツのヨレ感がやばいですね。着丈も短めにして、身幅も彼の体型にフィットしていますし、ショートスリーブ、半袖の長さもいい塩梅です。フロントのプリントがサイケデリックな雰囲気やタイポグラフィ(と言っていいのかな?)からやはりヒッピースタイルなのでしょう。

参考:ヒッピーのWikipedia

私はジョージ・ハリスンもビートルズもあまり知らないんです。嫌いというわけではないですけど、とりわけ好きでもない感じです。ヒッピーもあまりにサイケデリックな、アバンギャルドな方向へ行ったものはちょっと…という。

で、リンク先のジョージさんの画像は、全身が写っていないのでどのようなデニム、靴を履いていたのかが分からないことが残念でなりません。デニムはおそらくベルボトムと思われます。フライフロントはボタンフライではなくジップフライですかね。ボタンフライ特有のアタリ(色落ち)が出ていませんから。なのでブーツカットかベルボトム、ヒッピースタイルということを考えればベルボトムの可能性の方がより高いかと。

(追記:リーバイス(Levi's)前提で話を進めていたかも。リーバイスのベルボトムは646と684がありますが、2タイプともジップフライだったので。リーバイスでもヨーロッパ企画のシルバータブ(Silver Tab)などにもベルボトムはあったような)

靴は何でしょう。ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)のサンダル、ボストン辺りを履いていて欲しい気もします。

このジョージさんのように、細身であれば尚いいですけど、細身でなくとも参考になる着こなしではないでしょうか。シンプルだけど異常にカッコいい。アメカジ、あるいはアメリカ古着を好きな方はかなり食いついてくれる画像ではないかと思います。70年前後が好きな方には特に。ジョージさんはイギリス人ですけど、ヒッピー・ムーブメントはアメリカから世界的に広がったみたいですね。

いやぁこれはカッコいいです。ジョージさんの画像はもっとありましたから、また別の機会に紹介しましょう。そういえば画像のカメラはどのメーカーでしょうね、そちらも気になります。
 

スポンサードリンク

検索フォーム

カテゴリ

F1 (14)

全記事表示リンク

タグクラウド